紫の花束

フルートとピアノをやっています。

🎼吹奏楽部【楽器購入について思う事】

 

中高生だと、吹奏楽部に入って、学校の楽器を使っていても、1年もすれば、マイ楽器を欲しくなりますよね✨

 

理由としては、奏者の技量があがり、学校にある入門楽器では、物足りなくなってくる人が多いのではないでしょうか?

 

私が中学の時に所属していた吹奏楽部でも、大体2年生の後半辺りから、楽器を購入する人が増えていきます🎻

 

今回は、中高の吹奏楽部に所属している人で、楽器を購入する前に、ぜひ1度考えて頂きたいなと思う事をお話します(˙꒳˙ก̀)ハーイ

 

 

 

💜中学時代の吹奏楽

 

私の中学時代の吹奏楽部では、フルートパートは3年生に上がる前に高確率で、フルートを購入していました。

 

しかも、みんな100万超の高価な楽器🎻

 

でも、高価な楽器を買うことは悪いことじゃないし、良いとは思います。

 

実際、学校の楽器は入門モデルが殆どだし、予算が足り無い関係で、長年、まともなメンテナンスが出来ず、バランスの崩れた楽器は上達の妨げにもなります...(lll-ω-)チーン

 

ただ、うちの部活は一応全国目指してたんです。

 

全国目指してたのに、どんなに頑張っても、吹奏楽コンクールもアンコンも、どちらも1回、都大会に進めただけでした💦

 

コンクール前に講師は来ますが、基本コンクール前だけで、個々に時間を掛けて教えて貰えるわけでもありません🙅🏻❌

 

高価な楽器を買った所で、結局はほぼ独学でやってる訳だから、モチベーションは上がっても、劇的に上達する訳ではありません。

 

今だから思う事ですが、それだけの高価な楽器を買えるなら、レッスンに通う事を生徒に提案できなかったんだろうか?と、よく思います。

 

フルートは総銀製の楽器なら50万代からあります。

 

総銀製なら十分な楽器だし、100万円の予算を組める家の子なら、残りのお金でレッスンに通ってもらって、個々の技術をあげて貰う方が、より効率的だと考えます……🤔

 

中学時代、私の2個上の先輩2人は、2人とも100万円もする楽器を購入していました。

 

1つ上の先輩は3人中2人が、同級生も後輩も同じ割合で、顧問が斡旋する楽器屋さん経由で高価な楽器を購入していました。

 

つまり、パート内の3分の2の生徒が高価な楽器を買っていたことになります。

 

更に、私が所属していたフルートパートでは特定のメーカーのフルートが良いとされていて、他のメーカーはレベルが低いような風潮がありました。

 

案の上、皆同じメーカーのフルートばかりを購入していました。

 

このように、私の学校でなくとも、上位大会を目指す学校だったり、全国に行くような学校の吹奏楽部はマイ楽器を購入する所は少なくないし、特定のメーカーを指示する所もあります。

 

 

 

💜本当に高価な楽器が必要なのか?

 

正直、中学生でそんなに高価な楽器を購入して、皆がみんな楽器を続けていけるものなのでしょうか?

 

実際、私の1個上の先輩は美術系の学校へ行き、せっかく100万もする高価な楽器を買って貰ったのに、「もう吹く暇がない」と言っていました。

 

個々の技量をあげるだけなら、高価な楽器を購入させるより、レッスンに通った方が良いのではないでしょうか?

 

ただ、学校の備品である楽器は、予算の関係でメンテナンスもろくに出来てない物も多いです。

 

コンディションの悪い楽器は、余計に変な癖が付きやすいですし、上達の妨げにもなります。

 

例え、同じ入門モデルを購入したとしても、学校のコンディションの悪い楽器を使うよりは、遥かに良いです。

 

それに100万の楽器なんて、そんなポンと簡単に出せる家庭はあまりないと思います。

 

親御さん側も楽器に関しては、殆ど知識がない方が多いでしょう。

 

それなのに、そんな高価な楽器を買わせる顧問に、疑問が湧いてきます。

 

実際、顧問もトランペット専攻の方だったので、フルートの相場までは知らなかったのかも知れません。

 

懇意にしている楽器店、フルートインストラクターに言われるがまま、高価な楽器を生徒に勧めていたのかもしれません。

 

でも実際は、中学生や高校生にそんな高価な楽器は必要ないです。

 

音高・音大を目指すのなら、必要かもしれませんが、ほぼ独学でやっている生徒に、その高価なフルートが本当に自分にあっている楽器なのか分かるものでしょうか?

 

それも特定のメーカーをゴリ押しされ、その偏見のまま購入するなんて……

 

国内メーカーだけでも沢山ある中で、何故そのメーカーだけなのか?

 

大人になって、自分のお金で買うならまだしも、中高生は親御さんに買ってもらいます。

 

親御さん側からしたら決して安くはない値段です。

 

親御さんもどうせ買うなら、続けて欲しいし、上手になって欲しいと思います。

 

それを考えると、100万円も予算があるなら、頭部管銀以上、高くてもセミハンドの総銀にしてもらって、残りをレッスン代に当ててもらう方が、演奏技術も向上して、お金を出すかいもあるかと思います。

 

それに楽器を購入するということは、楽器に寄りますが、定期的なメンテナンス(点検)やリペア(修理)代もかかります。

 

レッスンに通えば、レッスン代に楽譜代もかかるかもしれませんが、高価な楽器を無駄に買って、使いこなせないよりかは、遥かに良いです。

 

レッスンでは、プロがしっかりとその人の問題点、改善点を見つけ、しっかり指導してくださいます。

 

また、吹奏楽部では、生徒同士で伝わってきた間違った奏法を教えられることも多々あります。

 

パート内でプロに指導される人が入れば、その間違いにも気づけますし、教わったことをある程度は伝えることもできます。

 

そうすれば、パート内の演奏技術も多少なりとも上がります。

 

他のパートの事情はよく分かりませんが、私が所属していたフルートパートだけでも3分の2の生徒が高価なフルートを購入していました。

 

もし、その子たちが楽器にかける予算を抑え、抑えた分をレッスン代に当てられていたら、フルートアンサンブルでアンコンでもいい所に行けてたんじゃないかと思いました。

 

毎年アンコン前に、部内で組まれたアンサンブルグループで、アンコンに出るグループを選抜していましたが、とうとうフルートアンサンブルがアンコンに出ることはありませんでした。

 

それも高価なマイ楽器を持っているメンバーが、多くの割合占めているのにも関わらず……です。

 

決して高価な楽器を買うなという訳ではありません。

 

ご両親や本人がそれで納得しているなら、高価な楽器でも全然かまわないんです。

 

ただ、高価な楽器を買った所で、演奏技術が上達するわけではないと言うことです( - - `)

 

「もしかしたら、自分の人生で買う最後のフルートかもしれないから・・・」

 

それなら、余計に偏見に囚われず、色んなメーカーを試奏するべきです。

 

どんなに周りが良いと言っていても、自分には合わないなんてことはよくあります。

 

寧ろ、本当に欲しいなら、大人になって、自分で買うと思います。

 

実際、そういう方も多いですし、続けていれば上達し、上達すればする程、自分の求める理想の音や吹奏感が出てきて、余計に買い替え願望は強くなります。

 

 

 

💜トランペットの購入相談

 

以前の職場で懇意にしていた主婦の方から、ある相談をうけました。

 

吹奏楽部に所属している中2の娘さんが、30万のトランペットを欲しがっているという事でした。

 

その方は楽器経験がなく、いきなり高価なものを娘さんにねだられ、学校の先生にも買うならそれくらいのものが必要だと言われたそうです。

 

ただ親御さん曰く、出せても25万円らしく、そもそも中学生に本当にそんな値段の楽器が必要なのか、疑問に思っていらっしゃいました。

 

私はトランペットの相場がイマイチ分かなかったので、学生時代、トランペット専攻だった子に連絡をとりました。

 

その人はプロのトランペッターとして活動しており、中高の吹奏楽部の指導にも行っておりました。

 

その人からの回答は以下の通りでした。(かなり簡潔にしています。)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・中高の吹奏楽部だけで使うトランペットだったら、10万円代でも十分。なんなら、YAMAHAの入門モデルも良い楽器。

 

・良い楽器が欲しいなら、自分が前に使っていた楽器でも良ければ、中古で25万円で売る。(音大生が使うような楽器)

 

・買うなら、選定もするし、相談にものる。

 

・ただ、プロを目指したり、音大に行かないなら、そんなに高い楽器を買う必要は無い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私からも、中古を使っている人は多いこと、プロの選定なら、中古で良い楽器が格安で購入できること、楽器選びはプロに同行して貰う方が良い事などをお伝えしました。

 

また、上達したいなら高価な楽器を買うよりも、最低限必要な機能、耐久性のある楽器を買うか、学校の楽器のメンテナンスがしっかりされているなら、その楽器のまま、レッスンに通う方がいい事も伝えました。

 

楽器にお金をかける前に、レッスンで指導してもらう方が上達しますよ……と。

 

その後、娘さんと相談した結果、購入は見送りとなりました。

 

娘さん自身、高校ではトランペットではなく、サックスをやりたいらしく、トランペットは趣味で続けたいから、バイトで稼いだお金を貯めた上で買うことにしたそうです。

 

トランペットは中学の顧問が、コンクールメンバーに入る事も考えると、そろそろ楽器を購入した方が良いと言ってきたらしく、トランペットを買うなら30万は必要な事、更に顧問が懇意にしている楽器店で買うように言われたそうです。

 

必要な楽器の基準はプロによっても、考え方は違うと思いますが、安易に顧問や楽器店の言うことを鵜呑みにしては行けないな、と思った出来事でした。

 

それにコンクールメンバーになるのに、本当に高価なモデルが必要なのかは疑問が残ります。

 

いつも思うのはなぜ、中高の吹奏楽部では高価な楽器の購入は勧めても、プロの定期的なレッスンを受けることを勧めないのだろうと思いました。

 

全ての学校がそうではないかもしれませんが、上達させたいなら、プロに教わるのが最善です。

 

 

 

 

💜最後に

 

今回は長年悶々と考えてきた事を吐き出しました(*°∀°)・∴ブハッ!!

 

高い楽器を買うことは悪いことではありませんが、高い買い物だからこそ、慎重にならなければならないと思います。

 

初級者モデルの楽器だと、すぐに物足りなくなるかもしれませんが、中級、上級の楽器を買っても使いこなせなければ意味がありません。

 

それに上達の観点から考えるのであれば、楽器が初級者モデルでもプロのレッスンを受ける方が、確実に上達します。

 

また、教室によっては、無料または、有料で楽器を貸し出してくれる所もあります。

 

私だったら、高価な楽器は買わずに、先にレッスンを受けます🙋‍♀️

 

フルートは学校のがあるし、メンテナンスやリペアにだしても、もう使えないなら、最低でもYAMAHAの入門モデルを買うか、楽器レンタルができる教室を選ぶでしょう。

 

レッスンを受け、フルートの先生にも相談しながら、自分に必要な楽器をじっくり探します( '-' 三 '-' )ドコダドコダ

 

(お金があったらの話ですが……

当時は入門モデルを買うお金もなかったので、どっちにしろ、無理でしょうね💦)

 

自分は何の為に楽器を買うのか、楽器を購入する前に、今一度考えて欲しいと思います‪( ˘ᵕ˘ ).。oO